運気好転(+ー)

① 「運」は「努力」よりもスゴイ

IMG_6238.jpg

こんにちは。


幸がなかった氷河期世代の我が家で、運気好転(*)の前から現在に至るまで試した

運気アップに効いたアクション
効かなかったアクション

を振り返っていきたいと思います。

(*)それに先立って「どれくらい運気好転したか?」を自己評価をしたのが、こちらの記事

さて、いよいよ「運気好転(+ー)」の第1弾です。

それは「運気好転に効かなかったなあ〜」アクション、それはズバリ

努力

です。

我が家と同じ氷河期世代の人だったら、同じ経験をしていることが結構多いのではないかと思います。

小さい頃からいつも「努力しなさい!」と言われて成長しました。

何かうまくいかなかったら「努力が足りない!」そう言われてばかりでした。

昔は気づかなかったのですが、今だったらわかることがたくさんあります。

「それ、本人の努力が足りないからじゃないよ!」

うまくいかない理由は人間関係だったり、社会の構造だったり、単に「運」だっていうことがいっぱいです。


運気好転以前のどんよりとした時代、私と夫はかなり努力していました。

勉強したり、資格取ったり。

それらの中でも極めつけな一つとして、夫が取得した

「簿記」

なんかがあります。

ドロドロのブラック企業から抜け出せない状態からどうにかして脱するために、

やみくもにあがいていた時代

の、今では笑い話です。

というのも「なぜ簿記?」というくらい、夫の仕事(技術系)は簿記とは関係ないのです。

他にも関連性のない不思議資格があるのですが、簿記が一番筋違いでした。

それでも夫はひとりで参考書を読んで2ヶ月くらいで簿記2級を取り、1級ももうあと少しで合格点というところまでやっていました。

それでどうなったか?というと、

まったく「仕事運」には効果なし。

相変わらずブラック企業のやる気ない社員のままでした。

そして簿記1級までもうひと頑張り、という時に「運気好転」が起きる最初の事件、身内の他界が始まりました。

その年は未だかつて経験がないほど激動だったのですが、初夏に追突事故、その後すぐに自宅を売却、引越しと続きました。

簿記どころではなくなりました。

そして、あの

「東向きの寝室」の仮住まい

に引っ越してから、メキメキとメンタルが向上した夫は転職に成功。

もちろん職種は、簿記とは全然関係ありません。

それからどんどん転職先の仕事にフィットして、今では別人のように元気いっぱいです。

そして簿記1級みたいに難しくもない業務関連の細々した資格を取るたびに会社から

報奨金

が支払われています。

やっぱり「運」は「努力」よりも断然スゴイな!

と思っています。

私は「運」より「努力」が大事だと強調する人が好きではありません。

なぜかというと、すごく簡単な話です。

死ぬほど「努力」すれば「運」なんかまったく関係ない

という人に限って、

その人がうまくやれてきた要素の中に「運」は一切ないなんてことはない

からです。

逆に、

「努力しても「運」がやってこなければ報われないんだなあ」

とをひしひしと感じるケースは多いです。

そのまた逆に、

とにかく最初に「運」がやってきて、それをキープするために「努力」している人

には多く出会いました。

もっと別の例を挙げます。

小〜中と同じ学年で仲良しだった男の子がいました。

彼はものすごく勉強をして、高校は私立の難関を受験しました。

ところが事前の判定では考えられないことに「不合格」でした。

「努力」したのに100%ではなかったのです。

彼とは反対に、別の子は「到底無理」だけど記念受験したところ、「合格」だったのです。

「努力」しなかったのに「運」は時々気まぐれにイタズラをします。

ちなみに不合格だった彼は、後に大学では堂々と難関国立に合格していました。


「運」がスゴイと私が思うのは、「努力」とは関係ない部分が大きいからかもしれません。

その最たるものが、

くじ運

だと思います。

努力したからくじに当たるっていうことは、非科学的です。

上に書いた「努力」と「運」の関係について、今思うのは、

まずは「運」、「運」が来てから「努力」すればいい!

ということです。

そんなわけで、「運気好転(+ー)」の開運アクションとしては、

「努力よりも運を重視する!」

「頑張った!」「努力不足だ〜」とか自分を裁くことなく、ひたすら

「運が良かった!」「運が悪かった〜」と解釈

して生きる。

だから「もっと努力しなきゃ〜」と思う前に、

「よし運気アップしよう!」

と思う。

こう考えて生きるようになって、我が家は以前よりずっとハッピーになったと分析しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ぐら
ブログランキングに参加しています。
↓下のバナーをクリックして応援してくださると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
スポンサーサイト



コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック