2022年08月の記事は見つかりませんでした。

投稿画像

続きを読む

こんにちは。以前の記事で空間の「余白」について書かせていただきました。広い空白の壁には、何か絵を飾りたいとも思っていました。「カレン・キングストン」カテゴリの記事の流れで出てきました「海外渡航」ができれば、どこかのアートギャラリーで、お手頃価格の版画でも探したいと妄想していました。でもそんな機会はずっと閉ざされていますし、日本では絵画は売っている場所も限られているし、価格も高かったり、価格不明なこ...

投稿画像

続きを読む

こんにちは。毎日の暮らしで使う食器の収納は、定期的に見直すようにしています。私は「そうじ」は好きなのですが、「整頓」とか「収納」はあまり得意ではありません。インターネットで収納術の写真を見ていると、芸術的に美しい収納があってうっとりするのですが、真似できそうにありません。ただ1点「食器が取り出しやすい」だけを考慮して、収納をしています。日常使いの食器は「1アクション」で取り出せるように収納するとい...

投稿画像

続きを読む

こんにちは。数年前に売却した住まいには10年以上暮らしていたので、表面上はそれほどでもなかったものの、収納場所には何かと細々した使わないモノがたまっていました。*関連記事は「カレン・キングストン」カテゴリをご参照下さい。当時、引越し前の1か月間は、あまりにも毎回出すゴミの量が多くて、恥ずかしいような気持ちになりました。その時、狭小の賃貸物件に引越したことによって、持ち物全体の容量もぐっと減りました...

投稿画像

続きを読む

こんにちは。画像は、現在の住まいに引越してきて、何もなかった頃のある部屋の壁です。昔からずっと思っていたのですが、多くの日本人は「西洋式」の住まいに住んでいますが、実際の西洋の方々とは、感覚が違うことがあります。それは「余白」に対する感性です。伝統的に「西洋式」のインテリアでは、とにかく壁面をアートや飾り物で埋めたがる傾向が強いと思います。絵画やタペストリー、ミラー等々で壁面をデコレーションしてこ...

投稿画像

続きを読む

こんにちは。「カレン・キングストン」カテゴリにて、数年前から「捨て活」&「そうじ」に邁進することで運気好転した顛末を綴ってきました。我が家の場合は、車や自宅という大物も含まれていましたが、「捨てる」というとたいてい「モノ」にフォーカスされることが多いと思います。でも、過去の記事でも書かせていただいたように、「物質」よりも「精神(心)」の方が重要だという実感も強くあります。関連記事はこちら↓【30/ ...

投稿画像

続きを読む

こんにちは。カレン・キングストン著『ガラクタ捨てれば自分が見える 風水整理術入門』を読んで「捨て活」を始めたことから、驚くほど運気が好転していった体験談を連載している当ブログの「カレン・キングストン」カテゴリ。今回はカレン本の実践によって起きた驚異の出来事の第3ステージとして、時系列上で現在につながる時点までの運気好転期カレン・キングストンのまとめをさせていただきます。今まで「カレン・キングストン...

投稿画像

続きを読む

こんにちは。今回の記事は「そうじをすると運気がアップする」系の話題です。あまり信じていらっしゃらない方は話半分(以下?)でお願いします。私は本ブログにも綴っておりますように、わりと「そうじマニア」だと思います。また「努力」や「苦労」をかなぐり捨て、捨て活&そうじ「だけ」で運気アップした経験から、そうじを人一倍推しています。そんなそうじマニアの私は、本やインターネットでも自分と同類の人たちから寄せら...

投稿画像

続きを読む

こんにちは。以前の記事にも取り上げさせていただいたのですが、私のドレッサーの使い方、収納について書かせていただきます。ドレッサーを購入したのは数年前で、unico の KURT(クルト)というシリーズのものを選びました。unico の公式サイトの商品ページはこちらです。関連記事はこちら↓ドレッサーは必要?トップの画像は天板(ミラー)を閉じた状態です。モノが程よく隠れるので、インテリア的にもすっきりして見えるのが気に...

投稿画像

続きを読む

こんにちは。 カレン・キングストン著「ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門」に触発され、数年前自動車事故(もらい事故)の後から始めた「捨て活」によって、ツキのなかった我が家に訪れた衝撃の運気好転の体験談です。タイトルの記事は「カレン・キングストン」カテゴリの30回目です。今回が【3rd stage】最後の記事となり、時系列上では現在(2022年~)に最も近い時点になります。今まで長い連載をお読みいた...

投稿画像

続きを読む

こんにちは。「服飾」カテゴリの記事にて何度か書かせていただいているのですが、昔と比べると洋服に対する情熱とでも言いますか、おしゃれを楽しみたいという気持ちがかなり減少しました。これまでの記事では今年50歳になったということで、自分の「年齢」もひとつの要因として挙げたのですが、もっと現実的で一般的な理由について感じていることを書かせていただきます。冬の季節の楽しみは「重ね着」トップの画像はほんとうに...

投稿画像

続きを読む

こんにちは。ファッションやインテリアを含めて「カルチャー」と言ってよいのか分かりませんが、それに関して「自分の好きなテイスト」というものに気づいた時のことです。要するに「何となく好きだなあ」と思っていたモノ&コトには「共通点」があるなというような感覚についてです。洋服に関しては・・・ツイードのジャケットやトレンチコートが格別大好きというわけでもなかったのですが、昔から何となく「ブリティッシュテイス...

投稿画像

続きを読む

こんにちは。当ブログのプロフィール欄にも書かせていただいているのですが、今年50歳になって時間が過ぎるのがぐっと速く感じるようになりました。とはいえ、お正月(1月)や8月などは「まだ終わらないのか~」とすごく長く感じます。多分こういう「長く感じる月」というのは、他の月よりもバリエーションに富んだスケジュールだったり、今のように毎日の死にそうな暑さを耐えるのに必死だったり、ということなのだと思います...

投稿画像

続きを読む

こんにちは。 カレン・キングストン著「ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門」に触発され、数年前自動車事故(もらい事故)の後から始めた「捨て活」によって、ツキのなかった我が家に訪れた衝撃の運気好転の体験談です。タイトルの記事は「カレン・キングストン」カテゴリの29回目です。これまでの記事はこちらになります。 運気好転の初期の出来事【1】~【7】をまとめた記事はこちらになります。【1st stageまと...

投稿画像

続きを読む

こんにちは。夏休みの間に「夏→秋への移行期間のワードローブ」の用意をしました。具体的には、収納から出して一度洗濯をして、アイロンがけをします。私は手持ちの服で「季節感」を味わいたいと思っているのですが、近年はその季節の感覚がだいぶん変わってしまいました。春夏秋冬が3か月ずつではなく、春が2か月、夏が4~5カ月、秋が1~2か月、冬が3か月のような感覚がします。要するに「夏が長くなった」という感じで、...

投稿画像

続きを読む

こんにちは。コロナ禍以前は、毎年お盆の時期に閑散とした東京の街を歩くのが習慣でした。今年の夏は数年ぶり?に丸の内に寄ってみました。予想通り、ほとんど人がいません。街路樹にガブリエル・シャネルの回顧展(三菱1号館)ののぼりがありましたが、あまり行きたいと思わずスルー。お目当てのお店に寄った後、ふと前方を見ると赤い2階建てオープンバス。たまたま通りがかったのが30分間のプチツアーの出発時刻の5分前でし...